すぐそこにある春。

今年度も残り1ヶ月。3月号の競書を書いています。この時期のお手本は、「友だち」「思いやり」「新たな門出」「明るい未來」など、大切な友人への想いや新たな一歩を後押しする言葉を書きます。書いていても、気持ちが良いものです。

硬筆では、6年生のお手本が印象的です。「一期一会(いちごいちえ)一生に一度の、貴重な出会いを大切に。過去、現在、未来、全ての出会いが君を育むだろう」

各学年、総まとめの月でもあり、次の学年に繋ぐための月。この1年を振り返りながら、一生懸命に書いている姿を見て、皆それぞれ成長していると感じます。いつもありがとうございます。

陽光書道教室 西川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。