紫陽花の季節はどこへ。。

もう梅雨明けしてしまい、、記録的な暑さが続いています。一番見ごろを迎える紫陽花も悲鳴をあげているように見えます。そんなことを思っていたら、もうすぐ七夕。年間の行事の中でも、特に好きです。

私は、4月くらいから書写検定の受検のために、ひたすら家にこもって書くことに集中していました。体幹を鍛えるような感覚で、文字にも体幹のような芯がなければ美しく見えないと思い、ひたすら練習。。書くことは孤独です。それでも、プライベートで息詰まりそうなった時に、心の中から「ゆっくりと字を書きたい。」と思ったことは、自分自身でも驚きでした。書くことは、私の一部になっていると実感したからです。

テレビを見ていても、楽しそうに楽器を演奏していたり、楽しそうにトークをしていれば、私たちにも自然と伝わります。楽しんでいることは受け入れやすいように思います。自分で納得できる字を書けることはほとんどないけど、楽しむことが一番ではないかと、最近よく思います。

陽光書道教室 西川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。